仕出し弁当とは?どんな種類があってメリットは?

仕出し弁当とはお客さんの注文を受けてから準備するお弁当のことで、冠婚葬祭やイベント会場にお弁当をデリバリーします。
仕出し弁当と似ていると言われている出前は注文を受けたらその場で調理し、すぐにお客さんのところに届けますが、仕出し弁当は注文を受けたら料理の内容を決め、食材の調達や調理など時間を掛けて準備するのです。
場合によってはお客さんとメニューの相談をしたり、メニューには載せていない料理を追加したりします。
仕出し弁当の代表的なものとして挙げられのは、幕の内弁当や松花堂弁当です。
幕の内弁当は様々な料理が一つのお弁当箱に入っているのが特徴で、何種類かの料理を一度に楽しめます。
天ぷらやお寿司など豪華なメニューから、卵焼きや煮物など庶民的な料理がバランス良く並べられています。
松花堂弁当は略式の会席料理が入っているお弁当のことで、メインとなるのは天ぷらやお刺身です。
陶器の器を使っていたりと、華やかな印象があります。
仕出し弁当を利用すれば料理を作る手間を省くことが出来たり、後片付けの手間も省けます。
また自分では作ることが難しい料理を振る舞えるのもメリットです。

最新記事